豊いの妊婦ごはん


つわり後からの妊婦ごはんの記録。出産後は母乳のためのバランスごはん。お食事記録です。
by toyoimoe
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:入院生活 ( 5 ) タグの人気記事

1月10日・11日 入院6日目、7日目

1月10日 ●生後4日目 体重 58.0kg(産後-4.6kg)
赤ちゃん体重:3,554g

わたしの退院前診察がありました。経過は良好です。

赤ちゃんの体重が増え始めています。
母乳の出も良くなって、しっかり飲めているようなので補足の搾乳はおしまい。
しかし今度は授乳後に胸の脇が刺すように痛みます。乳腺が少し詰まっている?可能性があるとかで、ガーゼに包んだ保冷剤を当てて、痛む部分を手で押えながら授乳する圧迫授乳という方法を教えてもらいました。続けていたら少しずつ改善されているようです。

乳首も吸わせ方が浅いのか痛くて痛くて、でもママみんなが通る道だから頑張って!と励まされ、乳首用クリームを塗りながら凌いでいます。


朝ごはん
b0341443_19489.jpg

ごはん、お味噌汁(長ネギ)
納豆、信田煮(ジャガイモ、にんじん、油揚)
インゲンのお浸し、低脂肪ヨーグルト


お昼ごはん
b0341443_1943888.jpg

五目釜飯、ささみチーズカツ、キャベツ、にんじん
ひじきとさつま揚げの炒め煮
カリフラワーの甘酢漬
カルシウムおかき、牛乳


お夕食
b0341443_195242.jpg

ごはん、お味噌汁(白菜、ねぎ)
蒸白身魚の茸ソース、モロヘイヤのお浸し
かぼちゃマヨ、みかん
ジョア


腱鞘炎は治らないし、恥骨痛はひどくなって足をひきずるほどだし、出産後にこんなに痛みとのつきあいが待ってるなんて…(泣)

陣痛を乗り越えたんだから、そんな痛みなんでもない!と思うかもしれませんが…もともと痛みに弱いわたしです。
陣痛の経験で、痛みのキャパシティが完全にパンクしてしまっています。

もう、少しの痛みも感じたくない…のに!




-------------------------------------

1月11日 ●生後5日目 体重 57.6kg(産後-5.0kg)
赤ちゃん体重:3,628g

体重が気が付けば出産後-5kg!
妊娠中は絶対に減らなかったのに、産後は毎日体重計に乗るたびに減っていて、母乳育児ってすごい!と思いました。退院してからの母乳ごはんのために、色々勉強中です。
体調がぐったりしているわたしよりも、主人が率先して情報を探してはお知らせしてくれます。

いろいろな情報が溢れていますが、今回も極端なことはせずに、バランスの良い食事、が基本の母乳ごはんを心がけたいと思います。
ただし、母乳はお母さんが食べたものが直接すぐに影響するので、妊娠時よりも気を使いそうです…特に、動物性油脂と糖分の摂取に注意すること。
昔ながらの和食に寄った献立が母乳には良さそうです。


朝ごはん
b0341443_1954811.jpg

ごはん、お味噌汁(ほうれん草)
スクランブルエッグ
カブとちくわの含煮、アスパラのお浸し
低脂肪ヨーグルト



お昼ごはん
b0341443_8595921.jpg

ごはん、鰆みりん焼、カリフラワー
ごぼうとにんじんきんぴら
青梗菜なめたけ和え
バナナケーキ、牛乳


お夕食
写真忘れ


明日、退院の予定ですので、赤ちゃんの退院前診察があり、血液検査をしました。
今回出産をした病院では助産師さん方が本当に親切で、行き届いていて…どんなに小さなことでも親身に相談に乗って下さって不安を解消してくれました。

常に新生児の赤ちゃんと色んなことが不安でいっぱいのお母さんばかりの中で、あれだけ気を配って適格に動いている姿に本当に感動しています。

そんな助産師さん方から離れての、退院してからが少し不安なのですが…
この子のお母さんはわたししかいないんだ!と気合を入れなおして頑張る所存です。




にほんブログ村 料理ブログ 妊婦ごはん・母乳ごはんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村
[PR]
by toyoimoe | 2015-01-22 19:06 | 出産と入院 | Trackback | Comments(2)

1月8日・9日 入院4日目、5日目

1月8日 ●生後2日目 体重 59.9kg(産後-2.7kg)
赤ちゃん体重:3,446g

赤ちゃんが昨日の夜からお熱があって、体全体の乾燥が進んでいるので、脱水かも?ということで、3時間ごとに母乳をあげたあとに糖水をプラスして飲ませて様子をみています。
体が大きめなのに、水分(母乳)の摂取が少ないようです…ちょっと飲んでは寝て、すぐ起きる…の繰り返しだったのが、糖水を加えて飲んだら今度はぐっすり寝てくれました。

体のカサカサがひどいところはアカギレっぽくなっていてかわいそうで、ちょっと泣けます…。


朝ごはん
b0341443_1694778.jpg

ごはん、お味噌汁(ほうれん草、長ネギ)
ラジウム卵、キャベツとにんじんのソテー
かつおたくあん
ヤクルトライト


昼ごはん
b0341443_1610243.jpg

ごはん、豚肉の朝鮮焼
ほうれん草とにんじんのソテー
サツマイモのつや煮、オクラのお浸し
バナナケーキ、牛乳

午後から沐浴指導教室があり、主人と一緒に参加しました。
最近の沐浴は、赤ちゃんの耳を押えることはしないんですね。

顔のむくみがとれてきてすっきりとしたお顔になってきました。目も少し開いてきて、すこーし目を開けては不敵な表情をみせてくれます。なんだか目があってるような気がして嬉しくなっています。


お夕食
b0341443_16102570.jpg

ごはん、お味噌汁(大根、サトイモ)
塩サバ、カリフラワー
麻婆豆腐、春雨サラダ
ラフランスゼリー、ジョア


-------------------------------------

1月9日 ●生後3日目 体重 58.8kg(産後-3.8kg)
赤ちゃん体重:3,554g

糖水効果か、乾燥が少し改善しました。
生後3日目からは、糖水はあまりよくないということで、赤ちゃんが寝ているうちに母乳を搾乳して追加。最大3時間おきに授乳をしなければいけないのですが、明け方頃にふたりで爆睡してしまい、助産師さんが起こされてしまいました。
授乳してくださーい!って。
助産師さんたちは、赤ちゃんとお母さんみんなの体調や授乳時間を把握して、気を付けてくれているようです。すごいですね。


朝ごはん
b0341443_16112644.jpg

ごはん、お味噌汁(豆腐、玉ねぎ)
ポーク焼売、にんじん
もやしとにんじんと油揚のけんちん、海苔
ヨーグルト

産まれてすぐに行った、GBS菌の培養検査の結果のお知らせがありました。
危険度が高い早発型は陰性だったということで一安心。
ただ、遅発型で発症する場合もあるので、念のため注意して下さいとのことでした。


昼ごはん
b0341443_1611559.jpg

ごはん、鮭の照り焼き、ブロッコリー
ほうれん草のゴマ和え、ブドウ豆
牛乳、カルシウム煎餅


お夕食
b0341443_1612235.jpg

ごはん、お味噌汁(カブ)
おでん(タマゴ、がんも、大根、白滝、厚揚げ)
張り生姜和え(キャベツ、にんじん、ささみ)
梅びしお
バナナ、ジョア

3泊4日で滞在していた主人が京都に帰りました。
3日間、面会時間はひっそりと、ほぼ一緒にいてくれましたがさみしいものです…
次はしばらく先になりますが、また来てくれるようです。

娘と一緒に待ってますよ。




にほんブログ村 料理ブログ 妊婦ごはん・母乳ごはんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村
[PR]
by toyoimoe | 2015-01-22 08:13 | 出産と入院 | Trackback | Comments(0)

1月6日・7日 入院2日目、3日目

1月6日 ●生後0日
赤ちゃん体重:3,606g

分娩台で産まれたての赤ちゃんと一緒に横になって朝を迎えました。
妊娠後期のマイナートラブルについて、「産むまでだよ!」と言われ続けていたので、赤ちゃんが産まれたら、すべてがすっきりして楽になる!と拡大解釈していたわたし…

後陣痛と会陰切開部分の痛みでうめく…あと恥骨がとても痛くて、歩くのも一歩、一歩という状態。
恥骨の痛みを訴えると、赤ちゃんが大きかったですからね~と。
痛くならない人もいるのかな?出産直後から、「産後すぐニッパー」というものでおなか周りを締められていたのですが、恥骨痛があるなら、骨盤ベルトの方がいいとのことでした。

入院病室に移る前に、分娩室で朝ごはん。
母乳育児を推進している病院なので、入院中の献立を退院後の母乳ごはんの参考にするために記録。

朝ごはん
b0341443_1124226.jpg

ごはん、お味噌汁(大根、三つ葉)
目玉焼き、アスパラ、白菜とちくわのけんちん
かつみそ、低脂肪ヨーグルト


午前中に入院病棟へ移動。
個室を希望していましたが、満床とのことで4人部屋に入院することになりました。

早速、育児トレーニングルームに赤ちゃんと一緒に出かけて、オムツの替え方を習い、授乳についての指導を受けました。産後すぐの時はおっぱいに食いついてくれたのに、今度はなかなか飲んでくれない…
手でなんとか絞った母乳を注入器のようなもので、赤ちゃんの口に。
やっと0.6mlほど飲んでくれました。

その後は、痛みと疲れでフラフラになりながら、赤ちゃんを抱いて1~2時間おきに育トレルームに通い、授乳、オムツ交換の繰り返し。


お昼ごはん
b0341443_11143765.jpg

ごはん、ビビンバ
ボイルコールスロー、杏仁豆腐
牛乳、バナナケーキ


お夕食
b0341443_11151020.jpg

ごはん、お味噌汁(ほうれん草)
カレイの煮魚、卯の花
ほうれん草とにんじんの辛し和え
みかん、ジョア

夜の9時過ぎに主人が到着。
入院病棟の面会時間は過ぎてしまっていましたが、一般病棟部分には入ることができるので、病棟の境目のガラス扉越しに初対面。

「大きいね~かわいいね~かわいいね~。」
とお父さんはメロメロでした。

わたしが頑張って産んだんだよー!

長ーい1日でした。


-------------------------------------

1月7日 ●生後1日 体重 59.3kg(産後-3.3kg)
赤ちゃん体重:3,412g

産まれて2,3日は赤ちゃんの体重は減少するそうです。
うんちも匂いが全くない胎便というもの。イカスミみたく真っ黒です。

朝目が覚めると、体のアチコチが筋肉痛でした。

昨日、赤ちゃん産んだんだなぁーと横にいる赤ちゃんをみてしみじみ…アナタ、ちょっと前までわたしのおなかの中にいたんだよ?と可愛い寝顔をみていたら、もうかわいくてかわいくて、わたしの赤ちゃん!!
と愛情?母性?愛しい感情が湧きあがるのでした。


朝ごはん
b0341443_11153917.jpg

ごはん、お味噌汁(高野豆腐、エンドウマメ)
ハム、ボイルキャベツ、卵豆腐
ポトフ(カブ、にんじん、玉ねぎ)
ヤクルトライト


お昼ごはん
b0341443_12465754.jpg

ごはん、銀ヒラス柚香焼、インゲン
大根とちくわの炒め煮、もずく
牛乳、やわらかおかき


お夕食
b0341443_12472135.jpg

ごはん、お味噌汁(白菜、ねぎ)
筑前煮、ブロッコリーのお浸し
カニクリームコロッケ
りんごの角切り、ジョア






にほんブログ村 料理ブログ 妊婦ごはん・母乳ごはんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村
[PR]
by toyoimoe | 2015-01-21 11:23 | 出産と入院 | Trackback | Comments(0)

1月6日 出産‼︎

0時ちょうどに破水をして、まわりがいそいそと出産の雰囲気に…
わたしも両足に紙のズボンのようなものを履かされ、付き添ってくれていた母はここで退室。
助産師さんに声をかけられながら、陣痛のタイミングでいきむ。

もういきんでいいんだ、産んでいいんだ~!
と思うと、気持ちが少し軽くなりました。

息を吐いて、吐いて、止めて、いきむ。
何度目かのいきみでクタクタになっていたら

「赤ちゃんの髪の毛フサフサですよ~。もう少しですよ!」

との声!

赤ちゃん!もうすぐ会える!!

最後の力を振りしぼるつもりで、いきむこと数回…
産道をすごい力で押さえつけられているような感覚が。

産みたいのに、どうして押さえるんだ~

と思っていたら

「力抜いてー!いきむのやめて!」

と急に言われ、え?え?と思っていたら、
赤ちゃんの頭がもうでていました。頭が出てこれば、もういきむ必要はないらしく、先生と助産師さんに助けられながら体もでてきて…

遂に我が子が誕生!!!

元気な産声を聞いて、本当に赤ちゃんが産まれたんだ、そういえばもう痛くないな…とぼんやり思ったのでした。

この時、0時18分。

破水からなんと18分での出産でした。必死過ぎて、もっともっと長く感じました。
先生には、良いお産になってよかったね、と言われましたが、この時は陣痛の痛みを覚えていて、あんなに痛かったのに、安産?と言えるの??出産ていつもこんなに痛いの?
とビクビク…

分娩時間は5時間28分。
初産にしてはスピード出産で、出産の苦しみの記憶が薄れてしまった今、思えばあの痛みが10時間以上続くのは苦しいな…、わたしは安産になるのかな、とも思ったり…

産みの苦しみは人それぞれなので、安産の定義はなかなか難しいらしいのですが、何はともあれ、母子健康で無事に産まれてくれただけで十分。赤ちゃんも頑張って産まれてきてくれました。ありがとう。

産まれてすぐの体重測定では3606g。
朝の健診での予測から400gも大きい赤ちゃんでした。
先生も助産師さんもわたしもびっくり。お産中、先生に
「あれ、赤ちゃん、何gって言われました??」と聞かれたのはこういうわけだったと。

赤ちゃんが元気いっぱいでしたので、カンガルーケアをしてもらって写真撮影。
分娩台にいるうちに、授乳も少しできました。

出産後、陣痛室に戻るか聞かれ、このままここでも過ごせますよと言われたので分娩台で一夜を過ごすことに。よく見たら分娩室にもソファや机があって、分娩台はちゃんとベッドになる仕様になっています。
母子同室の病院で、生後30分の赤ちゃんを横に寝かせられて、ドキドキの初夜でした。

主人にはテレビ電話で報告。
京都から遠く離れた地で、我が子が誕生したのはどのような気持ちなんでしょうね。
とにかくとても喜んでくれていました。

もともとの予定で、主人がこちらに来る日が、産まれたその日でしたので、親孝行な子!と
すぐにでも飛んで来たい様子でした。

お父さんと赤ちゃんの初対面は、生後20時間後となったのでした。
b0341443_14185541.jpg




にほんブログ村 料理ブログ 妊婦ごはん・母乳ごはんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村
[PR]
by toyoimoe | 2015-01-19 11:41 | 出産と入院 | Trackback | Comments(2)

1月5日 最後の妊婦健診~陣痛(入院1日目)

出産の報告に際して、たくさんのお祝いのコメント、メッセージありがとうございました。
あたたかい言葉に、産後の育児でヘロヘロの中とても励まされております。

我が子の誕生から10日と少し経って、既に出産の苦しみの記憶も薄まりつつありますが、陣痛中に書き留めていたメモをもとに、出産の記録をしておこうと思います(。-_-。)

いつか育児がツラくなっても、記事を読み返して、あんなにツライことを乗り越えてきたんだ!って思えたらいいなぁ。


------------------------------------------
●40w0d 体重 62.6kg(+9.6kg) →体重の推移まとめ

予定日当日!
b0341443_11431663.jpg



AM7:00
朝起きてトイレへ行くと、おりものの中に血のような赤茶色のものが点々と混じっていました。そして腰が生理前のような感じでだる重くて、
これは…!!と思い、
ちょうど妊婦健診の予定の日でしたので、念のため入院グッズを車に積んで病院へ!
車に乗ってる間に、ジーンとおなかが痛む感覚がやってきて、もう陣痛が始まる~とドキドキ。

AM8:45 
病院到着
病院でトイレに行くと、おりものに混ざる血の量が増えていて、おりもの全体が薄茶色に変化。
産科受付で、出血があることと軽い痛みが断続的にあることを報告して、いつもの健診の通りNSTへ。

AM9:30 
エコー診察
先生「赤ちゃん、3200g位で大きめだねー、あ、今日が予定日??もういつ産まれてもいいですよ、痛みも始まってる?子宮口の開き具合をみて考えましょうね~」
とのこと。痛みはそんなに強くないものの、あイタタタ…というような痛みが10分おきにやってきていました。

AM10:00 
内診
出血が続いていることと、子宮口が3㎝開いていることを確認。
先生「今日お産が始まりそうですね、これから入院してもいいですよ。」
との言葉をいただき、家族と相談しますと告げて診察終了。


AM11:00 
お昼ごはん
母と相談して、病院の食堂でとりあえずお昼ごはん
b0341443_2032653.jpg

気合いを?入れてカツカレー!!
断続的にやってくる痛みをやり過ごして、合間になんとか完食。おいしかったです。
陣痛アプリを使って、痛みの間隔を計り始める。痛みは10分おき、1分ほど継続。


PM13:00 
痛みの間隔が短くなる
6分おき、1分持続。強さは、重めの生理痛程度で、痛い時は動けない。
病院の分娩室に連絡を入れて、再度内診。子宮口は変わらず3cm。

PM14:00 
入院手続き。
陣痛室に入って、着替えをしてシャワーを浴び、赤ちゃんの心拍と陣痛を計る装置を着けられて、しばし横になる。お産の時の体力継続に良いと聞いた、ピーナッツパンを食べる。

PM17:00
横になって陣痛の計測を始めてから、間隔が15分と長くなってしまい、
助産師さん「陣痛が少し遠くなったみたいなので、もう少し様子をみて、間隔がまた短くなったら点滴を始めますので呼んで下さい」
とのこと…点滴とは、以前検査した産道のGBSに対する抗生物質です。

PM18:00 
夕食
痛みが徐々に増す中で、痛みのお休みの間に病院食を食べる。
b0341443_14361277.jpg

出産直前のおなか。


PM19:00
起きてトイレに行ったのをきっかけに?痛みの間隔が短くなる、と同時に急激に痛みが強くなり出す。
トイレで血の固まりのような真っ赤でどろっとしたものが出る。
看護師さんに告げると、おしるしですね!とのこと。

ツラいのが、横になっていると、お休みの間は楽でも痛みが来たときに紛れなくて痛みが全身に直撃する感じで、息もできないほど苦しくて痛くて、悶絶…
汗をかきながらテーブルに手をついて体を揺らしていると少し紛れるのですが、すごく疲れる!!

PM19:30 
分娩時間スタート
この時に「もう無理!!」と思いナースコールで助産師さんに訴える。
内診で子宮口5cm、
「半分まで来ましたね~、良い陣痛来てますよ~」と…

「半分???まだ痛くなるんですか?」
「なりますね~」
「どの位痛くなったら分娩室ですか?」
「自分のことが自分で何もできない位痛くなったらです。」
「…」

実際に、もう無理!!と思ったこの時の痛みは、最終的なピーク時の7割ほどでした…
陣痛が規則的になり、子宮口も半分まで開いたということで、分娩時間はここから開始、ということでした。

PM20:00 
陣痛間隔2分おき、1分~1分半継続
GBS抗生剤の点滴が始まる。
痛みでうまく呼吸ができず、助産師さんに吐けば吸えるので、とにかく吐くことを意識して、と言われ、試みるも苦しすぎる…唇がガサガサになり、なんとかリップクリームを塗りながら過ごす。

PM21:30
陣痛間隔1分おき、1分半継続
間隔が短くなって、痛い時間の方が長くなり、声も出せなくなってくる…陣痛の痛みで吐く。
計測する余裕もなくなる。

PM11:30
遂に陣痛の痛みがピークに達する。
お休みはもうなくて、激痛が続く中、1分おきに更に猛烈な激痛が起こる感じ。
そしてものすごいいきみの衝動が起こる。

いきみは我慢してと言われたけど、無理!
ヨガで習ったいきみ逃しも全く実践の余裕なし!

いきみ我慢できません‼︎と訴えて、分娩台で内診してもらうと、子宮口は8〜9cm開いているとのこと。しんど過ぎて動けないので、陣痛室には戻らず、そのまま分娩台で過ごすことに。

これがツラかったです…
横になった状態で起こる陣痛のピークに、意識がなくなりそうというか、むしろなくなりたいというか。

AM0:00
破水
もう自分では身体も心もコントロールできなくて、陣痛の流れでいきみまくっていたら、股の間に何かが挟まってる感覚が…!

この時も痛みですぐに声が出なくて、なかなか伝えられず…
「何か…何かが…」
「挟まって…うぅっ…」という感じでした。

挟まっている感じがしたのは、子宮の蓋になっている卵膜が剥離してでてきたということで、この時

「0時、破水です。」
と声が聞こえ、いよいよ出産が始まりました。



にほんブログ村 料理ブログ 妊婦ごはん・母乳ごはんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村
[PR]
by toyoimoe | 2015-01-18 15:51 | 出産と入院 | Trackback(2) | Comments(0)


カテゴリ
タグ
最新の記事
2月19日 外食デビュー♡
at 2015-04-03 23:22
2月13日 整形外科とお風呂
at 2015-04-03 23:06
2月11日 叔母家
at 2015-04-03 22:51
とっても久しぶりのブログ
at 2015-03-29 22:57
2月10日 バスマット
at 2015-03-05 16:06
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧
ファン
ブログジャンル
記事ランキング
ブログパーツ